[雑記] 母校の合同企業説明会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は会社の人事担当である総務課のA氏に連れられて母校の大学の合同企業説明会に参加した。
現場の人間と話を聞かせたいという趣旨の為だ。


最初は一番暇そうに見られていた同期入社の他の人に声が掛かったが、丁度忙しくなったところだったので拒否した。
そこで逆に自分は比較的余裕ができたので後日に参加する事が決まったのだ。

そこで卒業研究の顧問である恩師Kに連絡をした。
するとなにやら丁度先日うちの社長と懇談会で会ったそうだ。

んで、当日。
13時スタートを前にして腹ごしらえすることにした。
正門のちょうど向かいにあるとんかつ屋にしようとしたのだが、運悪く丁度水曜は定休日…
仕方ないので学内レストランを利用することにした。

メニューは自分にとっては見慣れたものばかり。
とりあえず、五目焼きそばを注文。

しかし相変わらずだ。出てくるまでが非常に時間がかかる。
10分くらいたってようやく出てきた焼きそばは他のレストランにくらべ大盛。
やはり食べ盛りの学生を意識してなのだろうか。それにしても値段もそれ相応…
定番は酢とラー油をたっぷりかけて食べるのだ。

やっぱり結構食べ応えがある。なんとか食べ終わり充電完了。

会場へ突入したが、あることに気が付いた。
いつも名刺入れを携帯しているのだが、中身が無い…
中身は会社にある。少し前に名刺を切らしてしまって、新しいのを作ってもらったのだが、
なんと机に入れっぱなしだったのだ。それでケースに入れ忘れた。ああ情けない。
入り口で名刺をねだられたが、「すいません、忘れました…」とあしらっておいた。

会場は学生会館の1.5階ともいえる中途半端な高さにある1階の教室。
各企業にテーブルとイスが用意されていた。おまけにペットボトルのお茶と鳩サブレが置いてあった。
鳩サブレは地元の土産で珍しくもなんともないのでちょっと残念だなぁと思いつつも席についた。

それから開場の時を迎えた。
A氏はほとんど人が来ないのではないかと懸念していたが、心配は無用であった。
まず速攻で2人が前に座った。A氏は淡々と求人内容についての説明をこなす。
そして写真を交えての新人研修の説明。(やけに写真のコントラストが高いのは気がかりだったが…)
それから質問タイム。質問タイムは俺もいるので「新人ならでは」というのも含めて聞いてもらった。

A氏の心配を他所に多くの学生が当社を訪れた。終了は16時で同様の内容を5順ばかり説明した。
最初は2席しかなかったのだが、他からイスを持ってきて3席や4席と増やしていくほどだった。

「新人ならでは」の質問としては「困ったこと、苦労したこと」が最も興味を寄せる項目だったようだ。
しかし、「新人ならでは」まだ大きな山場を体験していないため、さほどそういうことはないのだ。
なので「今のところ特に無い」(そんなに安直な言い方はしていないが)というような返答しか出来なかった。
それ以外にも聞かれたが、あまり自分が答えられるような内容は少なかった。
A氏は研修後の新人の成り行きに関しては俺に対し「彼はもともと優秀だからすぐに仕事に入った」というのを繰り返し言っていたが、
あまり優秀と強調されると困る。同期で他に情報系を専門的に学んで来た者がいないので確かにそうなのかもしれないが、
俺は同期では文系で努力家タイプの女子の方が自分より優秀だと思っている。

当社の新人研修ではアセンブラ言語を取り扱うのだが、A氏は皆が知っているものと思って普通にその名を出していた。
しかし、実はそうでもない。自分は情報工学科出身の為に実験などでアセンブラを嫌でもやらされてはいるが、
他の科ではおそらく触っていないであろう。と、その予測は的中し、なにやらその言葉に反応が無い学生に対して
尋ねてみたところ「聞いたことはある」程度の認識であった。なので軽くアセンブラの説明も交えた。
で、「新人ならでは」の質問では新人研修について聞いてもらいたかったのだが、誰も触れず…
ちょっと期待はずれだった。なぜなら新人研修は意外とメンバーによっては難易度が高いかも知れないからだ。
全員がひとつのグループとなって設計、開発、テストといった開発業務における基本的な内容を自分たちで考えてこなす。
今年度はたまたま自分が情報系の知識に長けていた為に全体を指揮し、無事終了に至ったが、
もしも、誰一人とてそういったものを会得していないとすると、かなり厳しい内容だったのではないかと思った。
来年度も同様の内容でやるそうだが、大丈夫だろうか?

そして説明会も終了し、A氏と分かれて恩師Kのもとへ伺った。
だが、部屋の入り口には「在室」のところにマークがあるにも関わらず、
ドアは半開きで中には誰も居なかった。
しばらく待っては見たもののどこに居るのか、何時戻ってくるのかもわからず途方に暮れた。
30分くらい待ったところで帰路に着くべきと思い求人案内と書置きだけを残してその場を去った。

そして今日は会社で社長が昨日の事を聞いて
「Kさんの研究室だったのか、こないだ会ったんだよ。さわやかな人だね。」とのこと。

という話。

以前にインターンシップ(ほとんど会社見学会)で講師役にも抜擢されていたこともあった。
今回もこの説明会に参加させてもらって良かった。いろんな人と会って話すのは面白いことだ。
さて、今度は新人研修の手伝いでもさせてもらおうかなぁ、なんて思ったり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。




コメントを残す