[ハードウェア] VAIO type Pがやってきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発売直後に激重になっていたソニースタイルで辛うじて注文したVAIO type Pですが、受注完了の通知が来たときには2月後半にお届けって言っていたのに早まって1月末日に届いてしまいました。事前にお届け日が2月4日頃に変更になるって来てたんですが、それよりも断然早い。。。一体何を基準にしているやら。

ソニースタイルおなじみの箱が届きました。
箱

箱を開けてみました。予想以上に小さい箱でした。ソニースタイル限定の黒色ボディを注文したんですが、箱の写真は白でした。
箱を開けた

箱の中にもVAIOのロゴがありました。なぜここまで凝るのか?高級感出したいのは分かるが、今の時代は質素な方が受ウケるのでは?と思ったり。
中にもVAIOのロゴ

本体を取り出しました。たしかに薄くて軽いのでポケットに入りますが、絶対尻ポケには入れないと思います。
本体を取り出した

裏側です。バッテリが半分近くの面積を占めています。ちなみに本体が光沢仕様な上に色が黒なので指紋が目立ちまくりです。白にすればよかったかな。。。とちょっと後悔。
本体の裏側

開いてみました。噂どおりでキーボードが打ちやすく、スティックポインタも小さめですがなかなかの使いやすさです。キーピッチはtype Tとほとんど一緒でした。キーピッチはもうちょっと狭めてもいいので、ボディ横幅を3センチくらいカットできたら完璧な理想だったんですけどね。マウスボタンはクリックすると「カチッ」と鳴って気持ちいいです。ちなみに俺が注文したのは英語キー仕様。
本体を開いた

付属品です。電源コードを省略できるウォールマウントアダプターは必須ですね。しかもディスプレイ/LANアダプターはACアダプタと合体してコンパクトにしまえる素敵仕様です。ACアダプタは十分小型化されているのですが、それでも本体が薄くて小さいので相対的に実際よりも大きく感じます。スティックポインタのスペアが2個入ってました。
付属品一式

1週間以上前に届いてた専用の保護フィルターを貼ってみました。ツルピカボディに反してノングレア仕様です。意外とすっきり貼れました。しかしなぜか2枚セットです。1枚でいいから値段下げて欲しいですわ。
保護シートを貼った

で、Windows Vista HomePremiumがプレインストールされているんですが、Aeroを有効にするめちゃくちゃ重いです。どうやらHD動画再生のハードウェアサポートはされている割に、グラフィック性能は低いようです。

そんでできればと思ってWindowsXP化をしようと検討したところ、ドライバやアプリケーションの導入は一応ある程度はなんとかできるようですが、電源管理がVistaに比べると劣るようで稼動時間がやや短くなってしまうようです。小型マシンを稼動時間を犠牲にしてまでXP化するメリットはあまり無いので、渋々Aeroを切った状態でVistaを使うことにしました。

しかし、現在公開されているWindows7ベータ版が相性が良いらしく、Vistaからのアップグレードが容易にできるとのこと。それに、起動時間が短くなる上、電源管理の性能も向上するそうです。ベータ版なので動作が不安定な面があるということですが、それほど動作がシビアなソフトは使わないと思うのでたいしたリスクでは無いと思ってます。8月までしか使用できないという制限がありますが、それまでに正式リリースするのを祈りますかな。

そんなそんなでWindows7にアップグレードしたわけですが、VAIOアップデートが使えない事が判明orz。。。Windows7のデフォルトブラウザはIE8なので、それに対応していない為でした。これもIE8が正式リリースされるまでの辛抱か。それ以外はReadyBoost用にPSPで使っていたメモステを生贄にして非常に良好な動作をしています。

しっかし1600×768ピクセルの高解像度はこのサイズだと細かすぎる。フォント解像度を120dpiに変更して使ってますが、アイコンとか小さすぎてたまらんことがありますな。まぁ使いやすさという点で、このサイズに対して使いやすさは十分合格点を上回っているので長く使うことになりそうです。

素敵キー配置の初代LOOX Uはそろそろ売り払います。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。




コメント

  1. そういうのを塗ってみるのも手だな。
    うち自体がホコリだらけだからあまり気にならなかったり。。。

  2. kyusuke より:

    車用のコーティング剤を塗ると、指紋が付きにくくなるよー。
    落としやすくもなるが。

コメントを残す