[ハードウェア] Gparted Live CDで HDDのパーティションをリユニオンした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

要はLinux用にHDDに設けていたパーティションが不要になったので現存のNTFSパーティションに結合したわけです。
そのときに使ったツールが「Gparted Live CD」。CDに焼くだけでOS付きのツールが立ち上がります!

GUIでパーティションを操作するツールといえば『PartitionMagic』が一昔前に活躍していたと思います。しかし、商用ソフト故に購入しなければいけないので、ちょっとしたことに使いたいだけでもお金を払わなければなりません。今回のような、たった一度だけパーティションを結合したいなんて時にお金を払う気にはなれません。

そこでフリーウェアのツールを探してみました。


http://partitionlogic.org.uk/

まず最初に見つかるのが『PartitionLogic』。なにやらPartitionMagicの作者が作ったというオープンソースウェアです。さすが、同じ作者だけあって高機能です。特にCDイメージをダウンロードして焼くだけでツールのブートCD-ROMが出来上がるのが手軽で便利です。早速使ってみることにしました。

しかしここで問題が。。。
なんとこのツールは現時点で一部のSATAに対応してないそうです。うちのHDDも未対応らしく、起動時に認識してもらえませんでした。残念なことに却下します。


http://gparted.sourceforge.net/

次に見つけたのが『Gparted』です。これも同様にCDに焼けばブータブルになります。しかもこのソフトはX Windowで動いているので、操作も簡単です。極めつけは日本語対応。起動途中は必然的に英語で選択肢を選ぶのに少々の理解が必要ですが、日本語選択して立ち上がってしまえばあとは下記のスクリーンショットのように日本語表示で容易に読めるようになります。

USB版もあるようですが、とりあえずCD-ROM版を焼いて起動してみました。立ち上がるのにやや時間がかかるのはしょうがないですが、起動後はサクサク操作できます。
で、マウスをちょっとカチカチしただけで、あっさりとNTFSのパーティションの後にあったLinux用パーティションを連結できました。
Windowsを起動してみても特に問題はありません。付け足した分ちゃんと容量が増えました。

ということで、このツールなかなか優れています。
PartitionMagicの購入を考えている方はこちらも検討してみてはいかがでしょう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。




コメントを残す