工人舎のSA1F00A/Bにビビッと来た!

ハードウェア

工人舎の小型ノートPC、SA1F00A/B。
http://www.kohjinsha.com/models/sa/index.html

Librettoなみの小ささとそれ以上の薄さ、重さはほぼ同等。
しかもかなり安い。
こいつは魅力的だ。


しかし、いろいろ引っかかる点もある。
CPUが遅い、解像度が低いなどはさておき、

長年Librettoを使い続けてきたリブラーしては
スティックポインタが左側に付いている
ことに非常に違和感を覚える。今まで右だったから…

加えてキーボードの配置もなんだか一部変だ。
打ちやすさ優先でキーピッチを確保する為の苦肉の策であろうが、こういう部分の不便さはシグマリオンで体験済み。
リブラーとしてはキーピッチが狭かろうとなるべくキー配列は崩さない方がうれしい。

それに閉じたときの段差も気になる。
ディスプレイは回るのはいいけどさ、ディスプレイとボディの妙な段差はなんなのさ。
ボディが平らで無い分逆に気になってしまう。多少厚くてもまっ平らの方が扱いやすい(かばんに入れやすいしね。)

サブノートとしての性能は十分だが、インタフェースでいくつか引っかかる点があるこのPC。
この手のPCは今後改良されていく可能性が高いと思われ。
結構魅力的だから今後しばらく様子みてみるかな、と。

スポンサーリンク
管理人

システムえんじにゃー🐈
趣味はエレキギターなど。作曲したい。
WoWs/プリコネ
記事に関する質問はお気軽にどうぞ。

surface0をフォローする
surface0をフォローする
Rain or Shine

コメント

タイトルとURLをコピーしました