[Linux] CentOS 5.5でDropbox

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトル通りCentOS 5.5のデスクトップでDropboxを導入した際のメモ。
rootではなく、ローカルユーザで使用することを前提にした場合。


本家からソースコードが落とせるが、めんどくさいのでyumを使用。

rpmforgeの導入

セオリー通り。

# rpm --import http://dag.wieers.com/rpm/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt
# rpm -ivh http://apt.sw.be/redhat/el5/en/i386/RPMS.dag/rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm

yumでDropboxを落とす

# yum install dropbox --enablerepo=rpmforge

ローカルユーザで設定

$ dropbox

これで初期設定ウィザードが表示されるので、設定を済ます。

サービスでユーザを有効にする

/etc/sysconfig/dropboxを編集。

# vi /etc/sysconfig/dropbox

下記のとおりユーザ名を記入。複数ある場合はスペースで区切る。

DROPBOX_USERS="hoge1 hoge2"

サービス立ち上げ

# service dropbox start

デフォルトでOnだと思うが、念のためchkconfigをチェック。

# chkconfig --list | grep dropbox
dropbox         0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

なんかデスクトップにDropboxのアイコンが出てきませんが、動作は問題なさそうなので目をつむっておきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。




コメントを残す